白水(Shiramizu&Shirauzutaisa)のブログ

ごく一部の格闘ゲーム海外情報が好き。海外大会開催中はツイートやRTを超爆撃します。ごめんなさい。Japanese Stream Monstor。Sorry I often RT。SF5海外プレイヤー情報メインですが、他も気まぐれに調べます。

2020年11月22日~23日「Capcom Pro Tour Online 2020 North America West2」 参加するプレイヤーのメモ

2020年11月22日~23日「Capcom Pro Tour Online 2020 North America West2」参加するプレイヤーのメモ
今回は、北米西部に滞在するプレイヤーのみに参加資格あり。190人。
このブログ記事はある程度は事前予測を込みで書いていることを注意されたし。

SmashGGはこちら↓
https://smash.gg/tournament/capcom-pro-tour-online-2020-north-america-west-2
詳細情報は格ゲーチェッカーさんのページがおすすめです
https://kakuge-checker.com/topic/view/06785/

☆TOP16選手紹介
赤文字はウィナーズでTOP8
青文字はルーザーズでTOP8

[Winners]
☆Nigel E.X.(バイソン、ベガ、G、かりん)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/nigeltheboy22
ナイジェル。アメリカのテキサス州のプレイヤー。1997年世代。
Nigelは本名。名前の後ろについているE.X.は、
テキサスのコミュニティ「E.X. Dojo」のこと。
https://twitter.com/exdojo
別名はCrescentMoonCMGや、CrescentGodCMGや、MoonlightCMG。
ベガ使いDocta Afrikanの弟子にあたる新進気鋭の若手。
ちなみにDocta Afrikanは「E.X.Dojo」の共同創設者にあたる。
また、テキサスのチーム「DETHRONE」にも彼は所属している。
https://twitter.com/DETHRONExgg
たまに遠征をして上位入賞するが、基本はテキサス周辺で活動している。
2018年テキサス「OpTic Arena」1位(63人中)。
(※ちなみにOpTicAre aの大会のDBFZ部門で立川さんが2位。1位はSuperNoon)
2019年テキサス「Texas Showdown」17位(144人中)
2019年テキサス「DreamHack Dallas」9位(126人中)
2019年ラスベガス「EVO」129位(1951人中)
2019年テキサス「Kumite in Texas」1位(60人中)
前回の「CPT2020 North America West1」33位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは32番目。

☆CleggMadness(ジュリ)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/CleggMadness
クレッグマッドネス。カリフォルニア州南部のフォンタナ勢。
Cleggは本名。もともとはUMVC3(アルカプ)勢の強豪だった。
あまり大会に遠征はしないタイプだが、ローカル大会には積極的に参加している。
最近はオンライン定期ローカル大会「Wednesday Night Fight」を中心に活動。
前回の「CPT2020 North America West1」33位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは25番目。

☆Alex Myersキャミィ春麗、さくら)【Grand Master】
https://twitter.com/AlexMyersFGC
アレックス・マイヤーズ。カリフォルニア州の南部ロサンゼルス勢。1992年世代。
SF4時代は北米屈指の若手さくら使いとして台頭。
SF5は一貫してキャミィをメイン、サブにさくらというスタイルだった。
今シーズンからなんと春麗も本格的に使用開始。普通にサブとして機能している。
現在は「Wednesday Night Fight」のオンライン大会を中心に参加し上位入賞多数。
西海岸の猛者16人を招待した6月のオンライン大会「Blink All Star Challenge」は4位。
ときどさんの格ゲーに対する姿勢をリスペクトしており、身体のトレーニングや
瞑想といったメンタルのコントロールを、普段の練習に取り入れているらしい。
前回の「CPT2020 North America West1」5位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは4番目。

☆Snake Eyes(カゲ、本田、ザンギエフ豪鬼)【Warlord】
https://twitter.com/Snake_Eyez_
スネークアイズ。カリフォルニア州北部のサンフランシスコ勢。1988年世代。
実績はEVO2010のSuper Street Fighter 2 Turbo HD Remixの1位から始まり
SF4時代はザンギエフ使い(殺意リュウも使ってたけど)として様々な活躍を重ね
SF5ではザンギエフ豪鬼、カゲなどを使ってコンスタントに成績を残す。
2020年からはフリーエージェントとなり、最近は活動が不明なイメージはあるが、
西海岸の猛者16人を招待して開催された2020年6月のオンライン大会
「Blink All Star Challenge」では、カゲで3位入賞(負けは1位Punk2位Samuraiのみ)。
配信も頻繁に行っており、現在オンラインのランクはウォーロードになっている。
前回の「CPT2020 North America West1」5位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは5番目。

☆Samurai豪鬼、カゲ、リュウ)【Grand Master】
https://twitter.com/SamuraiFGC
サムライ。カリフォルニア州の北部サンタ・クララ勢。
2015年のRed Bullの記事では、当時26歳と紹介されている。
現在は、カリフォルニア中央部(Central California)のフレズノを拠点としている。
フレズノは北部からも南部からも遠征に距離があるため、
サムライは自分のできる範囲で、修行を積んでいったという。
「他のプレイヤーに、自分の力を証明するのに長い時間がかかったが、
 その長い時間は本当に楽しかった」と語る。
その記事では、指導者のパラプロフェッサー(教育助手)として
教育分野の仕事として教師を目指しつつを格ゲーを両立しているとあった。
「格ゲーも人生も、自分で勝つ方法を学び、学ぶことも尽きないし、
 自分の力でやるでやること。」と彼は述べている。
>Casuals: XsK Samurai, the Educator
https://www.redbull.com/us-en/casuals-xsk-samurai-the-educator
かつてはDotaというゲームを6年間プレイしていた。
昔「XsK Samurai」と名乗っていた時の「XsK」は、
彼が当時所属していた「Xero Skill」というチームのこと。
SF4時代からリュウ使いとして大会で活躍し、ときどさんがイチオシしていた。
ちなみに、彼がSF4でリュウを使っていた理由は
元々3rdのウメハラさんのブロッキング動画を親戚に見せてもらいケンを遊び、
数か月後にスト4が出て、ウメハラさんがリュウを使っていたので使ってみて、
リュウの弾と対空とスタンダードさに興味をひかれたからだそうな。
その後3rdだけでなく、スパ2ターボにも挑戦して間合いと対空を学んだとのこと。
※2011年の彼のブログより
http://xsksamuraiblog.blogspot.com/2011/01/why-i-chose-ryu.html
SF5は現在は豪鬼使いとして活躍。実績は北米の豪鬼の全一クラス。
「Wednesday Night Fight」の驚異の1位率で、4月~8月で優勝しなかった月が無い。
西海岸の猛者16人を招待した6月のオンライン大会「Blink All Star Challenge」は2位
前回の「CPT2020 North America West1」2位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは2番目。

☆Mira(ララ、ポイズン、いぶき)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/Mia_MKE
ミラ。アメリカ西海岸のカリフォルニア州の南部地域ロングビーチ勢。
元々はアメリカ中央北部よりのイリノイ州(シカゴあたり)の人だったが引っ越した。
かつてはTatsukoという名前で、地元ローカル大会で活躍するイブキ使い。
大会実績は2019年「CPT North America Open Premiere」25位や
「EVO2019」で129位など。現在はララやポイズンがメインになりつつある。
2020年の活動としては、オンラインのローカル大会である
「Wednesday Night Fight」「Beta Bash West Coast」や「Sparring Sessions」に参加。
高いTOP8入賞アベレージをキープしている。
前回の「CPT2020 North America West1」9位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは7番目。


☆JB(ラシード、ポイズン)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/TryhardJB
ジェイビー。カリフォルニア州の南部オンタリオ勢。1994年世代。CC2019出場者。
以前はアメリカの東海岸のニューヨーク勢だったが、引っ越した。
Twitterのプロフィール欄にもあるように、JBは本名Jonathan Bautistaの略。
現在は、西海岸のオンラインのローカル大会「Wednesday Night Fight」や
「Beta Bash West Coast」に定期的に参加。安定してTOP8には入賞している。
西海岸の猛者16人を招待した6月のオンライン大会「Blink All Star Challenge」は7位。
現在はUYU所属。NLやJeonDDingやOilKingがチームメンバーの強豪チーム。
https://twitter.com/UYU
前回の「CPT2020 North America West1」4位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは3番目。

☆PRO7OTYPE(アレックス、本田)【Warlord】
https://twitter.com/prototypeoflife
プロトタイプ。ラスベガス勢。1992年世代。
スト4時代はジュリ&アベル使いだったが、スト5はアレク&本田使い。
Twitchの自己紹介文に「eternal dark horse」と自称するように、
EVO2018のPoolでPunkをルーザーズに落とすなど、数々の番狂わせを起こしてきた。
大会では絶対に当たりたくない爆弾級の注目プレイヤー。
成績で代表的なものだと2019年「EVO」97位(1951人中)や、
2019年「North American Regionals Open Tournament」65位(121人中)。
アルマス昇格までアレックス一本だったが、本田を手札に加え11月にウォーロード昇格。
2020年は頻繁にオンライン定期大会「Wednesday Night Fight」に参加。
11月12日では名だたる強豪をおさえて優勝した。
前回の「CPT2020 North America West1」25位(276人中)
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは22番目。


[Losers]
☆Piunk(かりん、コーリン春麗、ポイズンなど)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/PunkDaGod
Punk(パンク)。アメリカの西海岸のカリフォルニア勢。1997年世代。
SmashGGの名前が「Piunk」になっているが、その前は「Pink」だった。
SmashGGの名前は一度変えると30日変更できないので、長期の仕込みジョーク。
以前はアメリカの東海岸ペンシルベニア勢だったが、最近引っ越した。
現在は、西海岸のオンラインのローカル大会での活動が中心。
Level Up(AlexValleの団体)主催の「Wednesday Night Fight」に参加したり、
「Beta Bash West Coast」という大会を自分で開催して運営したりしている。
これまで数多くの大会を総なめにしてきた格ゲー星人。使用キャラもたくさん。
かりん、コーリン、G、春麗、セス、カゲ、キャミィ豪鬼、ラシード、ケン、ユリアンなど。
西海岸の猛者16人を招待して開催された6月のオンライン大会
「Blink All Star Challenge」は、かりんとコーリンを使って1位になった。
所属は、紆余曲折を経て再びPanda Globalに復帰。
https://twitter.com/PandaGlobal
前回のCPT2020オンライン北米西1予選の後、CapcomFightersから声明が発表。
「Discord上で非スポーツマン的行為をしたために、北米西2予選はLosersから開始。
 本来は出場停止処分だが、今シーズンはイベント数が限られているため(機械翻訳)」と出た。
この件に関して、Punkたち当事者どうしは和解の声明文を出している。
前回の「CPT2020 North America West1」9位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは1番目。

☆Dankadillasダルシム、G、ギル、セス、ユリアンブランカ)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/Dankadillas
ダンカディラス。アメリカのカリフォルニア州の南東部勢。1996年世代。
(※スペイン語だと「lla」が「リャ」「ジャ」「ヤ」などで発音するらしいのだが
 複数の動画でDankaが出てる時の彼の名前の呼ばれ方をいくつか聞いてみたら
 「ディラス」と呼んでる北米勢もいたので、とりあえずこのメモではディラスで)
地元ローカル大会「Wednesday Night Fight」で活躍(いわゆるAlexValleチルドレン)
地元での活躍を経て2017年頃からメジャー大会で台頭。TOP16~32前後をおさめる。
2018年のCapcom Cup 当日予選Last Chance QualifierでZJZと決勝で戦い2位。
2020年は「Wednesday Night Fight」「Tank Top Friday」「Brother's Bout」等で活躍。
メインの使用キャラは、割合で考えると結構変わる(サブキャラも多い)。
最近はダルシムが多めだが、上記の使用キャラをふっと出してくる可能性もあり。
前回の「CPT2020 North America West1」13位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは8番目。

☆Brolyssg春麗キャミィ)【Grand Master】
https://twitter.com/Brolylegs
ブロリーSSG。テキサス州オースティン勢。1988年世代。
別名はBrolylegs(ブロリーレッグス)。こっちの名前のほうが有名。
BrolySSGは彼のサブアカウントの名前。
名前の由来はドラゴンボールブロリーから。
レッグスは彼の友人がその名前を加えて大会エントリーしたからとのこと。
スト4時代から春麗を使いPP4000越えをしていた人。
手足に障害があり、顔や頬や口を使ってパッドを操作して対戦する。
趣味はチェス。春麗を使う理由は自分でも十分に使えるからとのこと。
現在は障害のあるゲーマーの生活向上を貢献する団体「AbleGamers Charity」所属。
https://twitter.com/Ablegamers
「何かを愛する気持ちがあれば、障害に打ち勝つ強さを与えてくれる」と語る。
※参考記事
SPOTLIGHT:SSF4AE: BrolyLegs //Chun Li// With Interview HD
https://www.youtube.com/watch?v=b3ecfh3Fok0
2015年「Texas Showdown」17位、2015年「Absolute Battle」5位
2016年「Proving Grounds Online October」2位(255人中)
2017年「EVO」193位(2625人中)
2018年「CPT Online NA West1」33位(134人中)
2018年「Texas Showdown」33位(181人中)
2018年「DreamHack Austin」13位(218人中)
2018年「CPT Online NA West2」13位(123人中)
2019年「DreamHack Dallas」17位(126人中)
2019年「CEO」97位(449人中)、2019年「EVO」257位(1951人中)
前回の「CPT2020 North America West1」は49位(276人中)
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは45番目。

☆ChrisCCH(さくら、G、ガイル、セス)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/ChrisCCH_
クリスシーシーエイチ。アメリカの北西部のワシントン勢。2002年世代。
西カナダの下の国境沿いあたりにあるワシントン州(シアトルなど)の若手。
オンライン戦士として台頭、オフ大会2017年「NorthWestMajorIX」で3位入賞。
しかし彼は未成年なので、大規模な遠征や高い頻度の大会遠征が出来なかったが、
地元のワシントン勢たちの支援でたまに参加すれば高い順位をおさめている。
2019年7月のカナダ大会「The Pinnacle」で悲願の大規模大会の初優勝を果たした。
2020年はオン大会「Wednesday Night Fight」を中心に活動中。
高い成績アベレージを持ちつつ、最近はセスも手札として起用している。
前回の「CPT2020 North America West1」13位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは12番目。
☆Luigi(ガイル、G)【Warlord】
Twitterはほぼまったく更新していない。
ルイージアメリカのカリフォルニア州南部のバーストー勢。
兄弟がいるらしく、Marioと呼ばれる彼も強豪。
Marioの名前の由来はSmashGGのアカウント登録情報からみると本名のようだ。
Luigiはそこから派生して、Marioではない者、として北米勢が呼び始めたらしい。
Marioは前回のCPT2020 North America West1でTOP16に入った。
今までMarioとLuigiは大会に登録するが不参加というケースもあった。
MarioとLuigiの同一人物説もあったり謎が謎を呼んでいた。
2人はオンラインのアカウント「MarioDB」を共有使用しているらしい。
現在はLuigiも独立して「Luigi_DB」というアカウントを使用(即グラマス到達)。
基本、かりんとGがマリオ。ガイルとGがルイージの可能性が高い。
今までどっちの参加(MarioDB名義なので)か不明だった
前回のCPTと同様今回は2人とも参加。
2019年のアメリカ全国地域対抗戦「Red Bull Conquest」のオフラインの、
ロサンゼルス予選に突如みんなの前に現れた。。
このオフライン大会で、名だたる強豪を倒し2位入賞(83人中。ちなみに1位はPnoy)。
2020年の実績は、2人とも定期的に「Wednesday Night Fight」で上位入賞している。
前回の「CPT2020 North America West1」33位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは31番目。

☆NovaSpec(ファン、是空エド)【Grand Master】
https://twitter.com/NovaSpec
ノヴァスペック。テキサス州のフォートワース勢。
Twitchの自己紹介文によると25歳。
北米を代表する強豪ファン使いの一人。
テキサスには猛者ファン使いが2人おり
ベテランのDeeAncerと若手のNovaSpecが台頭している。
現在はルイジアナのチーム「Crescent Esports」所属。
https://twitter.com/CrescentEsports
2016年フロリダ「CEO」257位(837人中)
2017年フロリダ「CEO」33位(548人中)
2018年イリノイ「COMBO BREAKER」129位(687人中)
2018年テキサス「DreamHack Austin」25位(218人中)
2019年ジョージア「Final Round」65位(327人中)
2019年テキサス「Texas Showdown」25位(144人中)
2019年ラスベガス「EVO」129位(1951人中)
2019年テキサス「Kumite in Texas」7位(60人中)
前回の「CPT2020 North America West1」は49位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは39番目。

☆YaNoobメナトユリアン)【Grand Master】
https://twitter.com/YaNoobShow
ヤヌーブ。カリフォルニア州の南部リアルト勢。
Twitchの自己紹介欄には現在19歳とあるが、スト5初期から活躍。
メジャーな大会に出ればプール抜けは固いだろう、という予測は立つ。
2017年「EVO」257位(2625人中)
2018年「CPT Online NA West1」17位(134人中)
2018年「CapcomCup LCQ」33位(229位人中)
2019年「Final Round」49位(327人中)
2019年「CPT Online NA West」13位(103人中)
2019年「EVO」129位(1951人中)
2019年「CapcomCup LCQ」65位(243人中)と、
オフでもオンでも成績は安定している。今後の躍進に注目して損のないプレイヤー。
前回の「CPT2020 North America West1」17位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは14番目。

☆The_ComebackidPC(本田)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/TheComebackidTV
ザ カムバッキッドPC。カリフォルニア州北部ベイエリア勢。
昔はアメリ東海岸勢だった(マサチューセッツ州ボストンの大会に参加記録あり)
ウル4時代からこのIDでリュウ使いだったが、
たまに「The_ComebackKid」名義もあるので
ComeBackKidを1文字縮めてこの名前にしていると思われる。
PCはパソコン版アカのこと。
2020年10月31日に、NoahThePrdigyが企画しているエキシビション
「SATURDAY NIGHT NIGHTMARES」でNephewとオンラインで7先をし、7-6勝利。
最近はオンラインのローカル定期大会「Wednesday Night Fight」などに参加。
前回の「CPT2020 North America West1」は65位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは54番目。

#CPT2020 Online North America West 2 TOP16
W
@nigeltheboy22 vs @CleggMadness
@AlexMyersFGC vs @Snake_Eyez_
@SamuraiFGC vs @Mira_LBC
@TryhardJB vs @prototypeoflife
L
@PunkDaGod vs @Dankadillas
@Brolylegs vs @ChrisCCH_
Luigi vs @NovaSpec
@YaNoobShow vs @TheComebackidTV
https://smash.gg/tournament/capcom-pro-tour-online-2020-north-america-west-2/event/street-fighter-v-champion-edition/brackets/882173/1410938

#CPT2020 Online North America West 2 TOP8
#CPT2020 Online North America West 2
1.@SamuraiFGC
2.@AlexMyersFGC
3.@Snake_Eyez_
4.@ChrisCCH_
5.@TryhardJB
5.@nigeltheboy22
7.@CleggMadness
7.@prototypeoflife
https://smash.gg/tournament/capcom-pro-tour-online-2020-north-america-west-2/event/street-fighter-v-champion-edition/brackets/882174/1410939
https://www.twitch.tv/capcomfighters

おまけ
TOP16に来るかなと予想して事前に書いた紹介文。プレイヤー34人分あります。

☆Commander Jesse(ダルシムコーリン)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/cmdrjesse
コマンダージェシーカリフォルニア州の南部のヴァンナイズ勢。1986年世代。
SF4時代からダルシム(さくらと春麗も使ってたけど)で戦ってきたベテラン。
もじゃもじゃのヒゲがトレードマークのカリフォルニアの大僧正。
CapcomCup2019の当日予選Last Chance Qualifierで、もけさんと決勝を争った。
2019年あたりからコーリンもやり込み、今ではメイン級の活躍をしている。
2020年は「Wednesday Night Fight」や「Tank Top Friday」といった地元のオン大会で
安定して上位入賞。西海岸の招待制オンライン大会「Blink All Star Challenge」は5位。
現在はRadianceというチームに所属。
https://twitter.com/RadianceGG
前回の「CPT2020 North America West1」7位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは6番目。

☆PR-Balrog(バイソン、豪鬼、ネカリ、ルシア)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/PRBalrog
ピーアールバルログカリフォルニア州北部のサニーベール勢。
SF4シリーズやUMVC3で数々の実績を残してきたプレイヤー。
PRはPuerto Ricoの略で彼の故郷にあたる。バイソンは海外名がBalrog。
SF5はCPTの過去成績をみるとTOP8~64あたりで振れ幅が激しいが
シーズン毎にネカリ→バイソン→豪鬼→ルシアとキャラ変えの影響もありそう。
最近はあまり大会には出ていないが2020年の6月に開催された招待制オンライン大会
「Blink All Star Challenge」で、16人のうちの1人として参加。バイソンのみで7位入賞。
前回の「CPT2020 North America West1」9位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは9番目。

☆Mario(かりん、G)【Warlord】
https://twitter.com/MarioDB760
マリオ。アメリカのカリフォルニア州南部のバーストー勢。
兄弟がいるらしく、Luigiと呼ばれる彼も強豪。
2人はオンラインのアカウント「MarioDB」を共有使用しているらしい。
北米勢も最初は同一人物だと思っていたらしい。
Marioの名前の由来はSmashGGのアカウント登録情報からみると本名のようだ。
Luigiはそこから派生して、Marioではない者、として北米勢が呼び始めたらしい。
現在はLuigiも「Luigi_DB」というアカウントを使用している(グラマス到達した)。
基本、かりんがマリオ。ガイルとGがルイージの可能性が高い。
今までどっちの参加(MarioDB名義なので)か不明だったが、今回は2人とも参加。
2020年の実績は、2人とも定期的に「Wednesday Night Fight」で上位入賞している。
前回の「CPT2020 North America West1」13位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは10番目。

☆Geki(バルログ)【Master】
https://twitter.com/Geki_CP
ゲキ。カナダの西海岸の都市であるバンクーバー勢。
SmashGGのアイコンが、ストリートファイター1の忍者キャラ「激」なので
おそらくそこから名前を取っているのだろう。バルログもスペイン忍術キャラ。
カナダでは選手としてだけでなく、大会運営もこなしている。
ちなみに彼が一番好きな格闘ゲームは、アリカの「Fighting EX Layer」。
SF5の過去戦績だと、遠征したメジャー大会では、EVO2019で193位(1951人中)など。
2020年の最近は「Vancouver Street Battle」や「Wednesday Night Fight」といった
オンラインのローカル大会に積極的に参加している。
前回の「CPT2020 North America West1」13位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは11番目。

 

☆HawaiianShirtMan(是空、ルシア)【Grand Master】
https://twitter.com/HawaiianShirtM1
ハワイアンシャツマン。
CapcomCup2019のLCQ(当日予選)に突如あらわれたプレイヤー。
激しいリアクションと、ハワイアンシャツを小粋に着こなし、
バイザー・サングラスをつけて会場の注目を一気に集めた。
その後は自分の配信で、気分が乗るとゴキゲンなリアクションで沸かしている。
しかし経歴は、まるで忍者のように、かなり謎に包まれている。
「River City Rollback」というテキサス州サンアントニオのローカル大会で、
優勝している記録があり、Smashggの拠点登録がテキサスのサンアントニオなので、
おそらく今まで遠征してなかった地元強豪?
過去の戦績は「CapcomCup2019 LCQ」65位(243人中)など、
もはや無視できないダークホースになりつつある。
ただの賑やかしと甘く見れば、足元をすくわれるはず。
前回の「CPT2020 North America West1」17位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは13番目。

 

☆Toi(ベガ、バーディー)【Grand Master】
https://twitter.com/GOLBOITOI
トイ。元々はルイジアナ勢だが、現在はテキサス州のグランドプレーリー勢。
位置関係でみると、テキサスとルイジアナは隣どうしなのだが
CPT2020ではテキサスは西部扱いで、ルイジアナは北米の東部扱いとなる。
BOITOI、GOLBOITOI、GOLOMEGAは同一人物。格ゲーデビューは2011年でSF4。
SF4時代は春麗と元を使っていたが、SF5はベガ使いとして活躍している。
最近の目立った活動だと、5月にオンラインにちょこっと出た程度。
「Wednesday Night Fight」1位、「Cuddle Circuit:KO Cancer」5位。
ちなみにGOLはThe Gods Of Louisianaというコミュニティで、TOIは共同創業者の一人。
TOI自身は、現在、Crescent Esportsというルイジアナのチームにも所属している。
https://twitter.com/CrescentEsports
前回の「CPT2020 North America West1」17位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは15番目。

☆Flaquito(さくら、セス、サガット)【Grand Master】
https://twitter.com/Flaquito424
フラキート。カリフォルニア南部勢。
スト5初期はカリン、いぶきでコンスタントに結果を出していた。
2017年「EVO」193位(2625人中)、「CapcomCup2017 LCQ」33位(164人中)
2018年からは、さくらをメインにすえて一気に存在感を放つ。
2018年「CPT Online NA West1」7位(134人中)同年「CPT online NA West2」17位(123人中)
2018年「CapcomCup LCQ」5位(229人中)2019年「CPT Online NA West」13位(103人中)
2019年「EVO」257位(1951人中)、2019年「CapcomCup LCQ」33位(243人中)。
現在はオンラインの定期ローカル大会「Wednesday Night Fight」などで活動中。
最近はセスとサガットも手札として頻繁に使っている。
前回の「CPT2020 North America West1」17位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは16番目。

☆Mataoja(バイソン)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/Mataoja
マタオハ。カリフォルニア州南部のプレイヤー。
試合動画を確認したら、実況のアレックスヴァイエがこう呼んでいた。
Ja=ハと発音するのはスペイン語。つまりメキシコの公用語
南カリフォルニアとメキシコは近いので、縁があるのだろうか?
Twitterによると、スニッカーズやM&M'sといったチョコ系菓子が好きらしい。
2019年ごろから「Wednesday Night Fight」に積極的に参加。
メジャー大会の記録は、2019年「EVO」513位(1951人中)くらい。
前回の「CPT2020 North America West1」25位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは17番目。

☆Shxd(ケン)【Grand Master】
https://twitter.com/Shxdd_
シャッド。Twitterの名前欄にそう書いてあるので、それを参考。
ロッキー山脈が有名なコロラド州の都市オーロラ勢。1996年世代。
ほぼケンのみで戦い続ける地元強豪プレイヤー。
現在はテネシー州のチーム「LAGr Gaming」所属。
https://twitter.com/LAGrGaming
コロラド勢としての実績は、コロラド州の都市デンバーで開催された、
2018年のアメリカ全国地域対抗戦「Red Bull Conquest」デンバー代表枠予選で優勝。
これまでほとんど地元のローカル大会を中心に活動(優勝は多数)。
前回の「CPT2020 North America West1」17位(276人中)と覚醒した。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは18番目。

☆AMKidd(リュウ、ガイル)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/amkidd
アムキッド。カリフォルニア州北部のベイエリア勢。
AMは本名のイニシャル。10年以上音楽活動をしているミュージシャン。
自身のyoutubeチャンネルによくミュージックビデオを投稿している。
(一番人気とされてる動画は140万くらい再生されてた)。
スト5は初期からずっとリュウを使いアルマスに到達。
ただ、前回のCPTオンラインはガイルも使っていた。
個人的観測だと2019年まではリュウ一本だったはず。
ローカルなオンライン大会にはよく出ているが、あまり遠征はしない。
本業を優先しているのか、年1回の地元の大規模大会も不参加の時がある。
明確な記録としては、2019年イリノイ「COMBO BREAKER」65位(611人中)。
前回の「CPT2020 North America West1」17位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは19番目。

☆Pnoy(ベガ、ネカリ)【Grand Master】
https://twitter.com/PnoySD
プノイ。アメリカのカリフォルニア州の南部のサンディエゴ勢。
彼のツイッターのアカウントのSDはSan Diegoの略。
サンディエゴはメキシコのすぐそばなので、メキシコ大会に参加することもある。
SF4時代からベガを使いこなしてきたベガ職人(ネカリも使うけど)。
2016年大会「WestCoastWarZone5」9位、2017年メキシコ大会「Japonawa」1位
2018年大会「Socal Regionals」17位、2019年大会「EVO」49位など。
2020年はオンライン定期大会「Tank Top Friday」や「Sparring Sessions」で活躍。
現在はVictrixのブランドのアンバサダー。
https://twitter.com/victrixpro
前回の「CPT2020 North America West1」25位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは20番目。

DDM春麗)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/Rob_DDM
ディーディーエム。テキサス州のプレイヤー。
Twitterもたまに更新する程度で謎多きオンライン勢の春麗職人。
とはいえ、テキサス州のオフ大会にはしっかり参加している。
2018年「DreamHack Austin」49位(218人中)
2019年「Texas Showdown」33位(144人中)
2019年「DreamHack Dallas」65位(126人中)
2019年「EVO」257位(1951人中)あたりが主な過去戦績。
前回の「CPT2020 North America West1」25位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは21番目。

 

☆iquita(ダルシムメナト)【Warlord】
https://twitter.com/Rich_Nemesis
イキータ。アメリカのアリゾナ州のフェニックス勢のプレイヤー。
アリゾナ州は、西海岸カリフォルニア州の南部の、東側の隣。メキシコのそば。
IquitaはCPTオンラインは2018年に13位、2019年に9位に入賞していた。
オンの大会参加は定期的に上位入賞していたが、オフ大会の遠征記録がほとんど無く、
たまに地元のアリゾナのローカルなオフ大会に出て入賞するくらいだった。
ある日の事。2020年6月20日にJustinWong(ジャスティン・ウォン)が大会を開催。
それは6月20日=父の日にちなんだ、父親限定オンライン大会の
「Happy Father's Day SFV」そこで1位に輝いたのがIquita。
彼はパパ勢だったのだ。遠征をあまりしない理由もこれだろうか?
前回の「CPT2020 North America West1」17位(276人中)
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは23番目。

☆whitegunPC(キャミィ)【Grand Master】
ホワイトガン ピーシー。カナダの南西部バンクーバー勢。
WhiteGunが本来の名前で、この名前はCFNのパソコン版アカウント。
アメリカの上がカナダで、アメリカの北西部ワシントン州シアトルと
カナダの南西部バンクーバーは国境を挟んで近い(約230キロ。東京-名古屋くらい)。
スト4時代はカナダいぶき使い強豪として、様々な大会に遠征していた。
最近はバンクーバーのコミュニティ「VanStreetBattle」のランバト「Okizeme」などに参加。
これは、かつて日本に滞在していたリュウ使いエアが創設したコミュニティ。
今年はオンラインのローカル定期大会「Wednesday Night Fight」に参加している。
前回の「CPT2020 North America West1」25位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは24番目。

 

☆SouthpawRock(ユリアン)【Master】
https://twitter.com/SouthpawRock_
サウスポーロック。アメリカのカリフォルニア州南部のサンディエゴ勢。
実はフライングパワーディスクのガチ勢。
2018年ごろから大会参加記録はあるが、おもな上位入賞は下記。
2019年「DreamHack Dallas」49位(126人中)
2019年「CapcomCup LCQ」65位(243人中)
2020年「Frosty Faustings XII」33位(186人中)
最近は「Wednesday Fight Night」など定期オンライン大会で活動。
前回の「CPT2020 North America West1」33位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは26番目。

☆LPN(ギル)【Ultra Diamond】
https://twitter.com/LPN510
エルピーエヌ。アメリカ西海岸カリフォルニア州の北部ベイエリア勢。
名前の由来は本名であるLong Phi Nguyenの略。
インタビュー動画で2015年の時に27歳と答えていたので、今年は32歳あたりのはず。
あまりオンライン対戦をやらず、オフ対戦やトレーニングモードで練習するタイプ。
そのためLPも低かっが、さすがに今のご時世はやむを得ずオンもやっているようだ。
また、多キャラ使いとしても有名で、SF4時代は勿論、SF5だけでも、
バーディー、アレックス、ユリアンアビゲイル、Gは、大会で過去に使ったはず。
2019年は割合としてはベガが多めだった。
2020年はオンライン大会「Wednesday Night Fight」に定期参加。安定して上位。
2020年6月開催の招待制オン大会「Blink All Star Challenge」ではギルのみで参加。
現在は2019年設立のアメリカのチームBrutal Democracyに所属している。
https://twitter.com/BDGesports
前回の「CPT2020 North America West1」33位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは27番目。

☆Blarrlad(アビゲイル)【Grand Master】
https://twitter.com/blarrlad
ブラーラッド。カリフォルニア州の南部のヴァンナイズ勢。
もともとは地元のローカル大会「Wednesday Night Fight」で積極的に参加。
2018年ごろからSF5のメジャー大会で台頭しはじめる。
2019年11月「CPT North America Open Premiere」33位や
12月「CapcomCup 当日予選(LCQ)」7位、2020年1月「Frosty Faustings」13位
2020年2月「Dreamhack Anaheim」4位と上り調子。
最近はオン大会「Wednesday Night Fight」を中心に活動中。
前回の「CPT2020 North America West1」33位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは28番目。

☆ElitheCurry(ララ、豪鬼)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/EliTheCurry1
エリザカリー。別名BodyWeightCreed。
以前は中西部インディアナ州にいたが、現在はカリフォルニア南部勢。
もともとはUMVC3(アルカプ)の猛者。現在はスト5で活躍。
実況者や大会運営スタッフとしてもコミュニティを支えている。
EVO2019でマゴさんと1回戦で激突。フルセットの試合の末、惜敗した。
おもな過去戦績は下記など。
2018年「EVO」325位(2499人中)、2018年「CapcomCup LCQ」33位(229人中)
2019年「CPT Online NA West」33位(103人中)2019年「COMBO BREAKER」129位(611人中)、
2019年「EVO」385位(1951人中)2020年「DreamHack Anaheim」9位(43人中)
最近はオンラインのローカル定期大会「Wednesday Night Fight」で活動。
前回の「CPT2020 North America West1」33位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは29番目。

Jotメナト、セス)【Grand Master】
https://twitter.com/MToor21
ジョット。別名はGumbee。カリフォルニア州北部のサクラメント勢。
謎多きプレイヤーだが、突如カリフォルニアのオンライン大会を中心に活躍。
定期オンライン大会「GEICO Gaming Weekly」「BCF Online Tournament」入賞多数。
2018年「CPT Online NA West1」5位や、「CPT Online NA West2」13位で台頭。
2019年からはオフ大会にも姿を現すようになる。
2019年「NorCal Regionals」65位(313人中)などを記録。
最近は定期オンラインローカル大会「Wednesday Night Fight」で活動中。
前回の「CPT2020 North America West1」33位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは30番目。


Stupendousザンギエフ、バイソン、セス)【Grand Master】
https://twitter.com/HappyStupendous
ストゥペンドウス。カリフォルニア州南部勢。
Twitchの自己紹介文によると、昔から格ゲーをやっていた人。
ガチ勢になったのは5年ほど前からとのこと。
ちなみにスト4時代はザンギエフとセスがメインだった。
現在は大会の実況解説やコミュニティの支援活動もしている。
サラサラのロングヘアーが特徴で、シャンプーにもこだわりがあるようだ。
配信では、初期からアケコンのレイアウト表示やアイトラッキングを導入していた。
格ゲー以外も一通りたしなんでいるマルチゲーマーでもある。
過去戦績や遠征回数は多岐にわたるので、最近のものを抜粋。
2019年「CPT Online NA West」7位(103人中)2019年「COMBO BREAKER」65位(611人中)
2019年「CEO」25位(449人中)、2019年「EVO」97位(1951人中)
2019年「North American Regional Final Open Tournament」33位(121人中)
2019年「CapcomCup LCQ」65位(243人中)2020年「DreamHack Anaheim」5位(43人中)
前回の「CPT2020 North America West1」33位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは33番目。

☆JordanDGAF(アビゲイル、バーディー、ポイズン)【Grand Master】
https://twitter.com/TrucktothePlane
ジョーダンDGAF。アメリカ北西部ワシントン州勢。
ジョーダンは本名。DGAFはスラングで「Don't give a fxck」の略称。
「知るかよ、知らねーよ、知ったことか、知らんわ、どうでもいい」的な意味らしい。
Twitchの自己紹介文によると「NBAライブ」の強豪とのこと。
NBAライブはバスケットボールゲームシリーズのこと。
NBAライブ07、NBAライブ09、NBAライブ10が特に得意のようだ。
これらは2006年~2009年のゲームなので、かなりのベテランゲーマー。
最近はスト5をソウルキャリバー6に注力しているようだ。
2017年「CPT Online North America event 3」25位(210人中)
2018年シアトル「North West Majors X」25位(100人中)
2018年「CPT Online NA West2」17位(123人中)
2019年シアトル「Northwest Majors 11」33位(138人中)
2019年イリノイ「COMBO BREAKER」257位(611人中)
前回の「CPT2020 North America West1」33位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは34番目。

☆Mr_MadGear(アビゲイル)【Grand Master】
https://twitter.com/Mr_MadGear
ミスターマッドギア。アメリカのテキサス州ヒューストン勢。
プレイヤーだけでなくテキサスの大会運営者としても活躍している。
現在はテキサスのゲーミングチーム「Allegiant Gaming」所属。
https://twitter.com/AllegiantGear
基本的には、テキサスのローカル大会を中心に活動している。
最近の成績は下記。今年の活動はローカルなオンライン大会を中心に参加。
2019年「Kumite in Texas」13位(60人中)
2019年「Red Bull Conquest Houston Qualifier」13位(60人中)
前回の「CPT2020 North America West1」33位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは35番目。

☆Mortsy(ファン、本田)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/MortsyFGC
モーツィ。カナダの南西部のバンクーバー勢(アメリカ北西部の近く)。
カナダ屈指のファン使い。2019年度のCPTランキングはカナダ勢では2番目。
自キャラ知識とキャラ対策の知識こそが、自分を強くさせていると語る。
もともとはバンクーバーのコミュニティ「VanStreetBattle」で活動。
このコミュニティの創設者は、かつて日本に滞在していたエアリュウ
過去戦績は
2019年「CPT Online NA West」25位(103人中)
2019年シアトル「Northwest Majors 11」17位(138人中)
2019年イリノイ「COMBO BREAKER」49位(611人中)
2019年バンクーバー「The Pinnacle」4位(51人中)
2019年ラスベガス「EVO」193位(1951人中)
2019年「CapcomCup LCQ」33位(243人中)
前回の「CPT2020 North America West1」33位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは36番目。

☆NoahtheprodigyPC(ミカ)【Grand Master】
https://twitter.com/NoahtheProdigy
ノア ザ プロディジーPC。カリフォルニア州北部のセントラルコースト勢。
PCはパソコン版のアカウントのこと。Noahは本名。Prodigyは天才という意味。
おそらく2002年世代。誕生日が12月らしく、昔のTwitchのURLの末尾に2002がある。
過去のインタビュー記事を見ると2011年8月の記事で8歳と紹介されており。
当人も現在17歳らしいので計算は合う。
>Meet Noah Solis, the 8-Year-Old Fighting Game Wunderkind
https://www.giantbomb.com/articles/meet-noah-solis-the-8-year-old-fighting-game-wunde/1100-3600/
当時8歳でEVO2011のMVC3部門(ハルクセンチネルウェスカー)でTOP48入賞。
スト4は「紫の手が好き」という理由でベガを使いPP3000~3500あたりだった。
かつてときどさんとも提携していたアパレル会社「The Traveling Circus」とも契約していた。
EVO2012のスパ4AE2012部門で、マゴさんと配信台で対決したのを見覚えある人もいるのでは。
https://www.youtube.com/watch?v=99OGRZj_2bE
時代はスト5に移り、彼は本当にごくまれに大会に出る程度だった。
2017年ラスベガス「EVO」193位(2625人中)
2017年サンタモニカ「Proving Grounds Online August」25位(92人中)
2018年ラスベガス「Friday Frags 05 Afternoon Session」6位(65人中)
2020年5月ごろから配信やオンラインのローカル大会に参加が活発になる。
「Wednesday Night Fight」「Beta Bash」「TTF Online」などに積極的に参加。
配信企画のオンラインのエキシビション「SATURDAY NIGHT NIGHTMARES」も開始。
前回の「CPT2020 North America West1」は不参加。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは49番目。

☆818azad(ベガ)【Grand Master】
https://twitter.com/818azad
アザド。アメリカのカリフォルニア州勢。
818はアメリカのカリフォルニア州の市外局番だろうか。
別名は「General Azad」。Azadは本名からのようだ。
地元のローカル大会でおもに活動しているが、大会にはたまにしか出ない。
2018年「NorCal Regionals」65位(312人中)
2018年「CPT Online NA West2」33位(123人中)
2019年「CPT Online NA West」33位(103人中)
2019年「EVO」257位(1951人中)
最近はオンラインのローカル定期大会「Wednesday Night Fight」などに参加。
前回の「CPT2020 North America West1」は不参加。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは60番目。

 

☆NO RESPECT(ユリアン、ギル、豪鬼)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/TedSarmiento
ノーリスペクトカリフォルニア州北部ヴァレーホ勢。
スト5初期からユリアン使いとして活躍。
カリフォルニア州北部オークランドの施設「Esports Arena Oakland」の
格ゲーコミュニティのプロジェクトマネージャーだったこともある。
カリフォルニア州南部あるEsports Arenaの支店にあたる。現在は休業。
2017年「COMBO Breaker」97位(654人中)
2017年「EVO」129位(2625人中)
2018年「EVO」257位(2499人中)
2018年「CapcomCup LCQ」49位(229人中)
2019年「NorCal Regionals」65位(313人中)
2019年「CPT Online NA West」9位(103人中)
2019年「COMBO BREAKER」97位(611人中)
2019年「EVO」257位(1951人中)
2019年「CapcomCup LCQ」49位(243人中)
最近はオンラインのローカル定期大会「Wednesday Night Fight」などに参加。
前回の「CPT2020 North America West1」は不参加。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは50番目。


☆BushinStyle(是空、ラシード)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/BushinStyle6
ブシンスタイル。カリフォルニア州南部勢。1987年世代。
大会の配信台や写真でかならず武神流のポーズを取る人。
2012年からカリフォルニアに引っ越して、そこで格ゲー大会を知る。
スト4時代はガイ使い、スト5はラシードと是空を使い修行中。
ときどさんのEVO2017の名言「Fighting game is something so great」に
当時感銘を受けたTwitchの自己紹介文にとコメントしている。
2017年「EVO」193位(2625人中)2017年「CapcomCup LCQ」33位(164人中)
2018年「NorCal Regionals」65位(312人中)
2018年「CPT Online NA West2」13位(123人中)
2018年「EVO」65位(2499人中)2018年「CapcomCup LCQ」33位(229人中)
2019年「Final Round」129位(327人中)
2019年「NorCal Regionals」129位(313人中)2019年「EVO」193位(1951人中)
今年はオンラインのローカル大会「Beta Bash」に参加している。
前回の「CPT2020 North America West1」は65位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは58番目。

☆JaycetheAce(セス、ジュリ)【Master】
https://twitter.com/JaycetheA
ジェイス ジ エース。カリフォルニア州南部ハンティントンビーチ勢。
2014年の記事では、19歳の若手と紹介されている。
The Young Challenger ? Jason “Jayce the Ace” Nghe Talks Street Fighter and the Fighting Game Community
http://shoryuken.com/2014/05/30/the-young-challenger-jason-jayce-the-ace-nghe-talks-street-fighter-and-the-fighting-game-community/
スト4時代は北米屈指のC.ヴァイパー使いとして活躍。
2013年はCanadaCupとCEOで、2014年はSCRとNCRで、TOP8に入賞した。
格ゲーを始めたのは13歳。スマブラでデビュー。
その後Richard Nguyen(※リチャード・グエン。MVCシリーズの強豪)と一緒に
ガチ勢を目指して3rdを遊び始めスト4シリーズに移行したとのこと。
名前の由来は、コミュニティの仲間がニックネームを考えてくれたらしい。
本名のJasonの愛称のJayceにtheAceがくっついたもの。
ヴァイパーは、日本勢うりょさんのプレイに注目し、自分に落とし込んだとのこと。
SF5時代からはあまり大会に出なくなったが、
ごくたまに「Wednesday Night Fight」には参加している。
今年は「Wednesday Night Fight」や「Beta Bash」といった
ローカルのオンライン大会に数回ほど出た記録しか見つけられなかったが…?
前回の「CPT2020 North America West1」は不参加?
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは57番目。

☆AzizSensei(キャミィメナトバルログ)【Grand Master】
https://twitter.com/Aziz_Sensei
アジズセンセイ。アメリカのテキサス州ヒューストン勢。
さまざまなキャラを渡り歩く器用系プレイヤー。
上記以外にネカリ、アビゲイル豪鬼、かりん、ガイルなども手札。
最近はキャミィを中心に活動しているようだ。
ストクロ時代は2014年「Texas Showdown」(バルログ&仁)で4位入賞。
KOFもたしなんでおり、KOF15が待ち遠しいとのこと。
2016年「DreamHack Austin」17位(バルログ
2017年「Texas Showdown」17位(ネカリ)
2017年「Absolute Battle 8」33位(ガイル)
2018年「Texas Showdown」33位(メナト
2019年「Texas Showdown」33位(144人中)
前回の「CPT2020 North America West1」65位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは72番目。

☆DeeAncer(ファン)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/dee_ancer
ディーアンサー。テキサス州のザ・ウッドランズ勢。
北米屈指のファン使いの一人として外せないプレイヤー。
テキサスには猛者ファン使いが2人おり
ベテランのDeeAncerと若手のNovaSpecが台頭している。
スト4時代はディージェイ使いとして活動していた。
普段はファンのハウツー動画を投稿したりしている。
普段は「Midweek Throw-Down」や「BCF Online」や「Space City Beatdown」
といったローカル定期大会などで活動している。
2017年「CPT Online North America Event 1」9位(248人中)
2017年「Proving Grounds Online June」1位(164人中)
2018年「Texas Showdown」65位(181人中)
2019年「Texas Showdown」17位(144人中)
2019年「DreamHack Dallas」25位(126人中)
2019年「Kumite in Texas」2位(60人中)
最近はオンラインのローカル大会「Wednesday Night Fight」などで活動。
前回の「CPT2020 North America West1」は不参加。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは67番目。

☆Penguinboy(キャミィ)【Grand Master】
https://twitter.com/_Penguinboy
ペンギンボーイ。カリフォルニア州の北部アラメダ勢。
2018年ごろから活躍し始めた謎多きプレイヤー。
2018年「CPT Online NA West2」33位(123人中)。
2018年「EVO」865位(2499人中)
2018年「SoCal Regionals」97位(271人中)。
2019年「CPT online NA West」65位(103人中)。
2019年「EVO」385位(1951人中)
前回の「CPT2020 North America West1」は33位(276人中)
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは37番目。

☆hylex(豪鬼、かりん)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/hylex96
ハイレックス。カリフォルニア州北部のサンノゼ勢。
地元カリフォルニアのローカル大会を中心に活動している。
2018年「CPT Online NA West1」17位(134人中)
2019年「EVO」257位(1951人中)
最近はオンライン定期大会「Wednesday Night Fight」によく参加している。
前回の「CPT2020 North America West1」は65位(276人中)
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは51番目。

☆Magneto_1080p(かりん)【Grand Master】
https://twitter.com/TheMagneto1080p
マグニートー テン エイティ ピー。テキサス州オースティン勢。
2015年のテキサスの大会Absolute Battle6で29歳と紹介されていた。
名前の由来はそのままX-MENのキャラのマグニートーから。
スト4時代はエレナ使いとして活躍したが、SFシリーズだけでなく、
MVCシリーズやモーコンやDBFZやGBVSもやりこんでいるマルチゲーマー。
Twitchの自己紹介文によると12歳~28歳までドラムの演奏をしていたそうな。
最近はGBVSがメインのようだが…?
2017年「EVO」129位(2625人中)
2018年「Texas Showdown」65位(181人中)
2018年「DreamHack Austin」17位(218人中)
2018年「EVO」257位(2499人中)
2019年「Texas Showdown」49位(144人中)
2019年「DreamHack Dallas」33位(126人中)
2019年「EVO」257位(1951人中)
前回の「CPT2020 North America West1」は不参加。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは59番目。

☆Sevelei(ルシア、ネカリ)【Ultimate Grand Master】
https://twitter.com/seveleii
セベレイ。カリフォルニア州北部レッドウッド・シティ勢。Seveが本名の一部。
Twichの自己紹介文によると、多様な趣味を持っているらしく
BJJ(Jiu-Jitus Brassileiro:ブラジリアン柔術)やボクシング経験者で
FPSゲームの「Counter Strike」の大会参加経験者であり(バージョンは1.0から1.6)
現在はSF5に重きを置いているようだ。2017年ごろから大会で台頭し始めた気がする。
2019年はCPTオンラインでTOP8入賞。
ルシアがリリースされてからは、ネカリよりメインがルシアより。
2020年は「Wednesday Night Fight」「Beta Bash West Coast」や「Sparring Session」
といったローカルな定期大会に参加して活動。
いずれのオンライン大会でもアベレージで定期的にTOP8~TO16には入賞している。
前回の「CPT2020 North America West1」129位(276人中)。
今回の「CPT2020 North America West2」のシードは56番目。
これは1勝2敗(1勝は不戦勝)だった。おそらく彼自身も不参加?